メールマガジン(2012/1/5 第15号)ソフトウェア開発支援ツール導入の勘所

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

              E S M ニュース
                         2012/01/05 第15号
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

◇ Contents ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◇
┃◆【連載】人材育成、講師の視点から[11]
┃   ~開発支援ツールの浸透のさせ方~
┃◆【ご案内】開発チームのコラボレーション力をアップする、
┃                                          実践ワークショップ(1/18)
┃   ~アトラシアン製品のツールチェーンを使って~
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◇

このメールは、株式会社永和システムマネジメント社員と名刺交換をさせて頂
いた方に送付しています。今後このようなメールが不要な方は、末尾の案内を
参考に解除依頼をお送りください。

◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◇
 【連載】人材育成、講師の視点から[11]
 ~開発支援ツールの浸透のさせ方~
◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◇

こんにちは、天野勝です。
私は、コンサルタントという職業柄、人にものを教える「講師」という仕事を
する機会が多いです。現場カイゼンの導入教育や、C言語でのテスト駆動開発
と、かなり多岐に渡っています。
この連載では「講師」をしていて気づいたことを私の視点で発信していきます。

ここ最近、開発支援ツールの使い方の研修をして来ました。
この中で気がついたことを紹介します。

■現場のルールがないと使われなくなる
構成管理ツールや、ソースコードのレビューツールなどのソフトウェア開発ツー
ルは、とても便利だと思うのですが、実際の現場を見てみると、なかなか浸透
していないというのが現状です。
これらのツールには無料のものも、有料のものもありますが、どちらにも関わ
らず、浸透している現場はそう多くありません。
しかし、日常の業務の一部として定着している現場があるのも事実です。
これらの現場を比較すると、大きな違いは「現場のルール」があるかないかと
いうことだということに気がつきました。
「現場のルール」とは、現場でみんなが合意している、現場に適したルールと
いう意味を含んでいます。

ツールを導入する際のよくある光景として、「便利だから、とりあえず使って
みて」と言われて使い始めることはないでしょうか?
しかし、そのツールで解決できることが、実際に困っているという問題にマッ
チしないと、ちょっと使ってはもらえるでしょうが、その後はほとんど使われ
なくなってしまいます。

推進組織が全社展開で説明をする時には、多様な現場の人を集めての説明とな
るので、どうしてもツールの機能を中心的に取り上げるため、ツールの機能は
知っていても、現場のルールまで考慮した使い方が分からないという状況になっ
てしまいがちです。
まずは、ツールの利用目的を明確にすることが肝要です。解決したい課題を洗
い出し、その課題に対してツールが解決策となるか考えてみましょう。その次
に、ツールの機能の詳細を理解して、自分たちのプロジェクトに適した使い方
ができるようになりましょう。

■開発ツールの浸透させるためのチェックリスト
開発ツールを浸透させるために最低限気をつけておくべきことをチェックリス
トの形式でまとめてみました。推進組織が推奨するツールを、現場のプロジェ
クトに適用していくことを前提としています。

◇現場編
 □ツールで解決したい課題が、現場のメンバーで共有されているか?
 □ツールを導入する理由について、現場のメンバーで話し合ったか?
 □全面導入に先立ち、ツールの試行期間を設けたか?
 □全面導入に先立ち、ツールの利用ルールを利用者主体で決めたか?
 □ツールの利用ルールの改善について話し合う機会を決めたか?

◇推進組織編
 □現場と信頼関係ができているか?
 □現場が不要と思っているものを、強引に導入しようとしていないか?
 □対象ツールに精通しているか? もしくは質問できる先はあるか?
 □関連ツールとの連携について精通しているか?
 □現場でたまったノウハウを共有する場を持っているか?

◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◇
 【ご案内】開発チームのコラボレーション力をアップする、
                                         実践ワークショップ(1/18)
  ~アトラシアン製品のツールチェーンを使って~
◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◇

好評につき、2011年11月30日に実施したセミナーを、再度行うことにいたしま
した。前回、ご都合が合わなかった人は是非お申込みください。

大規模システム開発では、ツールの存在が必須となっています。
近年、ビジネスのスピード化とグローバル化は急速に進み、業種を問わずコス
トダウンが求められるようになりました。このような外部環境変化に対応し、
ツールの見直しや最適化を行う企業も増えてきました。

今回は、システム開発に適したツールが整えられていない、もしくは整えられ
ていても活用しきれていない、というIT企業を対象に、適切なツールと効果的
な活用方法を提供することで、開発チーム内のコラボレーションを促進するこ
とを狙っています。
アトラシアン製品(JIRA/GreenHopper、Confluence、BitBucket(Git、Mercurial
対応)、Fisheye/Crusible)を中心とした開発支援ツールを組み合わせて、チー
ム開発の中でどのように使えるのかを理解して頂きます。
また、アトラシアン製品のツールチェーンをご紹介します。各ツール、および
ツール連携させることで得られるメリットを理解して頂きます。

 日 時:2012年1月18日(水) 14:00~17:00(13:45~ 開場)
 場 所:株式会社永和システムマネジメント 東京支社 会議室
 定 員:10名
 参加費:無料(事前申込制)
 対 象:これからアトラシアン製品を導入する方
        導入を検討されている方(PM、リーダー、メンバー対象)

ハンズオン形式(PCを1人1台使います)
※本セミナーはPCを使用します。
※6台はご用意しております。先着順となります。
※可能な方は、ご自身のPCを持ち込んで下さい。

▼プログラム
セッション(1)
 「開発チームのコラボレーション力をアップする、実践ワークショップ
                       ~アトラシアン製品のツールチェーンを使って~」
              株式会社永和システムマネジメント 天野 勝

セッション(2)
 「アトラシアン製品のツールチェーンと最新リリース状況」
              リックソフト株式会社 大貫 浩

▼詳細情報およびお申込みはコチラ↓
 https://sec.tky.esm.co.jp/2012/01/05/private_seminar25

◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◇
 私たちのホームページ
◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◇

『コンサルティングセンター』 https://sec.tky.esm.co.jp/
 システム開発に潜むムダを取り除き、システム開発に関わる全ての人が適正
 な価値を持続的に得られるよう、支援します。コンサルティング領域や、セ
 ミナーのご案内などを掲載しています。

『Ruby x Agile』 http://ruby.agile.esm.co.jp/
 Rubyやアジャイル開発に関する最新のトピックスや活動実績を紹介していま
 す。現場のメンバーのブログも掲載しています。

『永和流プロジェクト運営術』 http://agile.esm.co.jp/scrum/
 プロジェクト運営に関して私たちが提供しているサービスを紹介しています。
 スクラムという開発手法の解説も掲載しています。

『永和システムマネジメント 組込みグループ』 http://et.esm.co.jp/site/
 オブジェクト指向やアジャイルといった永和の強みをETの現場でも活用すべ
 く活動中です。メンバーのブログやETロボコン関連のコンテンツも掲載中です。

◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◇
◆  ご意見・ご感想は、このメールに返信ください。
◆  配信解除は件名「配信解除」にてこのメールに返信ください。
   アドレス変更は件名「アドレス変更」、本文に配信希望メールアドレスを
   記載の上、このメールに返信ください。
◆  免責事項・個人情報保護方針はコチラを参照ください。
   http://www.esm.co.jp/company/approach/approach_privacy.html
◆  発行:株式会社永和システムマネジメント
   〒110-0005 東京都台東区上野2丁目7番7号上野HSビル8F
   http://www.esm.co.jp/
Copyright (c)2012 Eiwa System Management, Inc. All Rights Reserved.

メールマガジン(2011/11/21 第14号)スキニー(ぴったり)なシステム開発のススメ

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

              E S M ニュース
                         2011/11/21 第14号
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

◇ Contents ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◇
┃◆【コラム】スキニー(ぴったり)なシステム開発のススメ

┃◆【ご案内】
┃  永和システムマネジメント × クラスメソッド 共催セミナー
┃   高い、遅い、使えないシステムに悩んでいる方へ
┃               「スキニー(ぴったり)なシステム開発のススメ」(12/07)

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◇

このメールは、株式会社永和システムマネジメント社員と名刺交換をさせて頂
いた方に送付しています。今後このようなメールが不要な方は、末尾の案内を
参考に解除依頼をお送りください。

◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◇
 【コラム】スキニー(ぴったり)なシステム開発のススメ
◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◇

こんにちは、市谷聡啓です。
私は、お客様のところへ赴き、抱えておられる課題感をよく伺うのですが、そ
こで感じることは、本当の課題とは何か、あるいは発見した課題をどのように
整理し、システムへの要求に落とし込めば良いのかということに、お客様が苦
労されているということです。

これまでのシステム開発で、課題や要求の整理がつかないままにさまざまな事
情からベンダーに開発を依頼する、ということはよくあることと思います。
そして、作っていく過程でようやく本来必要だったものが見えてくるもののそ
の時には既に、最初に立てた計画どおりに作ることが目的となっており、計画
の修正を行うことが出来ない状況になってしまうのです。
問題は、最初に作るべきものが分からなかったことではなく、必要なものに気
がついたときに、その変更が出来無いことなのです。
その結果、不要な機能を作りすぎていたり、逆に必要な機能が足りなかったり
と使われないシステムが出来上がってしまう。よくある話ではないでしょうか。

私たちが提案するのは、最初から漸次的に繰り返し作りながら、必要なものを
発見していける開発です。
最初に立てる計画から出発し、作っていくことで得られるフィードバックを次
の繰り返しに取り込んでいく。計画は固定ではなく、フィードバックを元に計
画し続けることになります。
これによって、作りすぎていたり、機能が不足しているシステムを使い続けな
ければならないということはなくなります。

この開発を実現するためには、いくつかの道具立てとそれらを使いこなす技術
が必要です。
・インクリメンタルかつイテレーティブな開発
・要求をあらわし、開発とユーザーを繋ぐユーザーストーリー
・ソフトウェアの成長に柔軟に対応できるクラウド環境
また、アジャイルな開発を実現するための契約形態もこれに必要でしょう。
今回、私たちは、UIやモバイルデバイス開発に定評のあるクラスメソッド株式
会社とタッグを組み、本質的なシステム開発の進め方をご紹介するセミナーを
用意しました。

みなさまのご参加をお待ちしております。

◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◇
◆【ご案内】
 永和システムマネジメント × クラスメソッド 共催セミナー
 高い、遅い、使えないシステムに悩んでいる方へ
              「スキニー(ぴったり)なシステム開発のススメ」(12/07)
◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◇

「MVP(Minimal Viable Product)」という言葉をご存知でしょうか?
スタートアップ企業や新事業立ち上げなどでよく使われる言葉で、組織に価値
をもたらす最小のプロダクトといった意味です。似たような言い回しで「スキ
ニー・ソリューション」という言葉もあります。無駄がない、ちょうどぴった
りなソリューションを表しています。いずれの言葉も、これまでによくみられ
た「作りすぎ」「多機能すぎ」に対するアンチテーゼです。

昨今、現場のユーザーや顧客の潜在的で本質的なニーズを的確に捉え、すばや
くシステムをリリースすることが重要になっています。しかしそれを実現する
ためにはソフトウェア開発手法と開発技術の両方で新たな取り組みが必要です。
・システムを包括する全体的なストーリーを捉えることで「あるべき姿」描く
 こと
・ドキュメントを作るよりも、プロトタイピングを通じて「本当に使えるか」
 を検証すること
・物理的な制約をなるべく減らし、柔軟に成長できるようにクラウドを利用す
 ること
・常に本質的な価値に着目し、最短でゴールへの到達を目指すアジャイルな形
 式であること

今回、永和システムマネジメントとクラスメソッドはお互いの強みを生かして、
素早く本質的なシステム開発を行い、お客様の現業に直接的に貢献できるシス
テム開発の進め方を提案致します。

 日 時:2011年12月7日(水) 14:00~17:30(13:30~ 開場)
 場 所:クラスメソッド株式会社 セミナールーム
 定 員:30名
 参加費:無料(事前申込制)
 対 象:情報システム部門の方
     システムの企画や運用をされている方
     システム導入を提案される方

▼プログラム
セッション(0) 14:00~14:10

ご挨拶・趣旨説明
(株)永和システムマネジメント 市谷聡啓

セッション(1) 14:10~14:40

「スキニーなシステム開発にぴったりの契約形態」
(株)永和システムマネジメント 木下史彦

セッション(2) 14:40-15:10

「クラウドとアジャイルのぴったりなカンケイ」
クラスメソッド(株) 大橋力丈

休憩 15:10-15:20

セッション(3) 15:20-15:50

「ユーザーストーリーがスキニーなシステム開発への道しるべ」
(株)永和システムマネジメント 市谷聡啓

セッション(4) 15:50-16:20

「小さく作って大いに役立つスマートフォンアプリ
  for iOS, Android, Windows Phone」
クラスメソッド(株) 嵩原 將志

休憩 16:20-16:30

セッション(5) 16:30-17:30

対談 「永和システムマネジメント 平鍋健児
      ×クラスメソッド 横田聡 スペシャル対談」

▼詳細情報およびお申込みはコチラ↓
https://sec.tky.esm.co.jp/2011/11/18/private_seminar24/

◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◇
 私たちのホームページ
◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◇

『コンサルティングセンター』 https://sec.tky.esm.co.jp/
 システム開発に潜むムダを取り除き、システム開発に関わる全ての人が適正
 な価値を持続的に得られるよう、支援します。コンサルティング領域や、セ
 ミナーのご案内などを掲載しています。

『Ruby x Agile』 http://ruby.agile.esm.co.jp/
 Rubyやアジャイル開発に関する最新のトピックスや活動実績を紹介していま
 す。現場のメンバーのブログも掲載しています。

『永和流プロジェクト運営術』 http://agile.esm.co.jp/scrum/
 プロジェクト運営に関して私たちが提供しているサービスを紹介しています。
 スクラムという開発手法の解説も掲載しています。

『永和システムマネジメント 組込みグループ』 http://et.esm.co.jp/site/
 オブジェクト指向やアジャイルといった永和の強みをETの現場でも活用すべ
 く活動中です。メンバーのブログやETロボコン関連のコンテンツも掲載中です。

◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◇
◆  ご意見・ご感想は、このメールに返信ください。
◆  配信解除は件名「配信解除」にてこのメールに返信ください。
 アドレス変更は件名「アドレス変更」、本文に配信希望メールアドレスを
 記載の上、このメールに返信ください。
◆  免責事項・個人情報保護方針はコチラを参照ください。
 http://www.esm.co.jp/company/approach/approach_privacy.html
◆  発行:株式会社永和システムマネジメント
 〒110-0005 東京都台東区上野2丁目7番7号上野HSビル8F
 http://www.esm.co.jp/
Copyright (c)2011 Eiwa System Management, Inc. All Rights Reserved.

メールマガジン(2011/11/9 第13号)創造性を促進するソフトウェア開発支援ツールの使い方

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

              E S M ニュース
                         2011/11/09 第13号
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

◇ Contents ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◇
┃◆【連載】人材育成、講師の視点から[10]
┃   ~開発支援ツールの活かし方~
┃◆【ご案内】開発チームのコラボレーション力をアップする、
┃                                          実践ワークショップ(11/30)
┃   ~アトラシアン製品のツールチェーンを使って~
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◇

このメールは、株式会社永和システムマネジメント社員と名刺交換をさせて頂
いた方に送付しています。今後このようなメールが不要な方は、末尾の案内を
参考に解除依頼をお送りください。

◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◇
 【連載】人材育成、講師の視点から[10]
 ~開発支援ツールの活かし方~
◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◇

こんにちは、天野勝です。
私は、コンサルタントという職業柄、人にものを教える「講師」という仕事を
する機会が多いです。現場カイゼンの導入教育や、C言語でのテスト駆動開発
と、かなり多岐に渡っています。
この連載では「講師」をしていて気づいたことを私の視点で発信していきます。

ここ最近、開発支援ツールの使い方を学ぶ研修をして来ました。
この中で気がついたことを紹介します。

■デジタルツールのメリット
アナログツール推進派の筆者ですが、ソフトウェアそのものがデジタルですの
で、プログラミングにおいてデジタルツールは相性が良くとても便利です。
その代表格的な開発支援ツールは、ソフトウェアの構成管理ツールと、チケッ
ト管理ツールではないでしょうか。
これらのデジタルツールの特徴は、情報が一元的に管理されていて、ネットワー
クにつながっていれば、ほぼリアルタイムに最新の情報にアクセスできること
です。
また、アクセス履歴を残したり、計算が瞬時で行えるのもコンピュータシステ
ムの特徴です。
このような特徴を活かすと、タイムゾーンすら異なる遠隔地で作業をしている
人たちが、コラボレーションが行えるのです。世界規模で開発をしているなら
ば、世界のどこかで24時間誰かしらが開発を行えますので、圧倒的な開発期間
の短縮が実現できます。

■デジタルツールのメリットがデメリットになる
唐突ですが、筆者はオブラブ[*1]の事務局をやっています
オブラブは社内同好会的な組織なので強制力はありません。
つい最近、2012年のカレンダーを作成する企画を進めていた時の話です。メー
ルでカレンダーの各月のデザインのネタ担当を募集しても思いのほか手は挙が
りません。しかし、集まって話を始めると、簡単に担当が決まってしまいます。
担当が決まるばかりではなく、アイデアもドンドン湧いて来ます。
やはり、人が集まりコミュニケーションのチャネルが太くなればなるほど創造
性が増すのです。
デジタルツールでもコミュニケーションのチャネルを太くできますが、使い方
を誤るとそれがかえって創造性を減少させていることがあるのではないでしょ
うか。
情報が一元化されて、いつでもどこからでも参照できるという特徴は遠隔地で
離れて仕事をする場合には、とてつもないメリットとなりますが、顔を付き合
わせて仕事ができる環境では、必要な情報に素早くアクセスできるのは当たり
前に実現できることですから、デジタルツールのその特徴にばかり頼ってしま
うと失うものが多いのです。
ソフトウェア開発は創造性を必要とする仕事ですから、デジタルツールに振り
回されるのではなく、そのメリットを活かして創造性を発揮しやすくする方法
を考えて見ませんか。

[*1] オブラブ(旧名:オブジェクト倶楽部)
 http://ObjectClub.jp/

◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◇
 【ご案内】開発チームのコラボレーション力をアップする、
                                         実践ワークショップ(11/30)
  ~アトラシアン製品のツールチェーンを使って~
◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◇

大規模システム開発では、ツールの存在が必須となっています。
近年、ビジネスのスピード化とグローバル化は急速に進み、業種を問わずコス
トダウンが求められるようになりました。このような外部環境変化に対応し、
ツールの見直しや最適化を行う企業も増えてきました。

今回は、システム開発に適したツールが整えられていない、もしくは整えられ
ていても活用しきれていない、というIT企業を対象に、適切なツールと効果的
な活用方法を提供することで、開発チーム内のコラボレーションを促進するこ
とを狙っています。
アトラシアン製品(JIRA/GreenHopper、Confluence、BitBucket(Git、Mercurial
対応)、Fisheye/Crusible)を中心とした開発支援ツールを組み合わせて、チー
ム開発の中でどのように使えるのかを理解して頂きます。
また、アトラシアン製品のツールチェーンをご紹介します。各ツール、および
ツール連携させることで得られるメリットを理解して頂きます。

 日 時:2011年11月30日(水) 14:00~17:00(14:45~ 開場)
 場 所:株式会社永和システムマネジメント 東京支社 会議室
 定 員:10名
 参加費:無料(事前申込制)
 対 象:これからアトラシアン製品を導入する方
        導入を検討されている方(PM、リーダー、メンバー対象)

ハンズオン形式(PCを1人1台使います)
※本セミナーはPCを使用します。
※6台はご用意しております。先着順となります。
※可能な方は、ご自身のPCを持ち込んで下さい。

▼プログラム
セッション(1)
 「開発チームのコラボレーション力をアップする、実践ワークショップ
                       ~アトラシアン製品のツールチェーンを使って~」
              株式会社永和システムマネジメント 天野 勝

セッション(2)
 「アトラシアン製品のツールチェーンと最新リリース状況」
              リックソフト株式会社 大貫 浩
▼詳細情報およびお申込みはコチラ↓
 https://sec.tky.esm.co.jp/2011/11/09/private_seminar23/

◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◇
 私たちのホームページ
◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◇

『コンサルティングセンター』 https://sec.tky.esm.co.jp/
 システム開発に潜むムダを取り除き、システム開発に関わる全ての人が適正
 な価値を持続的に得られるよう、支援します。コンサルティング領域や、セ
 ミナーのご案内などを掲載しています。

『Ruby x Agile』 http://ruby.agile.esm.co.jp/
 Rubyやアジャイル開発に関する最新のトピックスや活動実績を紹介していま
 す。現場のメンバーのブログも掲載しています。

『永和流プロジェクト運営術』 http://agile.esm.co.jp/scrum/
 プロジェクト運営に関して私たちが提供しているサービスを紹介しています。
 スクラムという開発手法の解説も掲載しています。

『永和システムマネジメント 組込みグループ』 http://et.esm.co.jp/site/
 オブジェクト指向やアジャイルといった永和の強みをETの現場でも活用すべ
 く活動中です。メンバーのブログやETロボコン関連のコンテンツも掲載中です。

◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◇
◆  ご意見・ご感想は、このメールに返信ください。
◆  配信解除は件名「配信解除」にてこのメールに返信ください。
   アドレス変更は件名「アドレス変更」、本文に配信希望メールアドレスを
   記載の上、このメールに返信ください。
◆  免責事項・個人情報保護方針はコチラを参照ください。
   http://www.esm.co.jp/company/approach/approach_privacy.html
◆  発行:株式会社永和システムマネジメント
   〒110-0005 東京都台東区上野2丁目7番7号上野HSビル8F
   http://www.esm.co.jp/
Copyright (c)2011 Eiwa System Management, Inc. All Rights Reserved.

メールマガジン(2011/9/7 第12号) ソフトウェア開発に適したプロジェクト管理ツールとは

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

              E S M ニュース
                         2011/09/07 第12号
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

◇ Contents ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◇
┃◆【連載】課題管理ツールJIRAのご紹介[1]
┃   ~JIRAの導入メリット~
┃◆【ご案内】ソフトウェア開発環境セミナー(9/28)
┃   ~JIRAによるプロジェクト管理の基礎~
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◇

このメールは、株式会社永和システムマネジメント社員と名刺交換をさせて頂
いた方に送付しています。今後このようなメールが不要な方は、末尾の案内を
参考に解除依頼をお送りください。

◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◇
 【連載】課題管理ツールJIRAのご紹介[1]
  ~JIRAの導入メリット~
◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◇

はじめまして、リックソフトの大貫と申します。
私はAtlassian JIRAを中心としたソフトウェア開発環境の導入コンサルを本業
としています。このコラムでは、これまで私がJIRAを取り扱ってきた中で印象
に残ったことを書きたいと思います。
今回は初回ですので、JIRAとは何か?導入メリットは?について書きます。

■JIRAとは何か?

JIRAは一般的には課題管理ツールと呼ばれています。英語ではIssue tracking
toolです。課題(issue)という用語は元来「問題」という意味ですが、JIRAでは
バグ、要望、タスクの総称として使われ、情報をまとめる単位になっています。

また最近は課題(issue)1件1件を紙に見立ててチケットと呼び、バグだけでなく
作業の計画と進捗といったプロジェクト管理情報もチケットを使って管理する、
チケット駆動開発を行うことも増えています。バグ管理ツールとしてJIRAを利
用する場合、プロジェクトの後半(統合テスト以降)で利用することが多かった
のですが、チケット駆動開発の場合はプロジェクト初期から利用されます。

もう一つJIRAが使われる場面は、システムの長期メンテナンス管理(バックログ
管理)です。あるシステムを機能改善を行いながら数年間メンテナンスしていく
ことが多くの企業で行われています。
次のリリースでは新機能を追加するのか?既存機能を向上させるのか?それとも
稀に発生するバグの対応をするのか?システム利用部門から積み上がった要望
(バックログ)を管理し、優先順位付けして開発側に作業依頼します。
開発側はリリース計画を策定しシステム利用部門とスケジュール調整します。
その際にExcel等を使って管理する手法ではファイルが複数バージョンできてし
まい、最新がどれか分からない。情報の共有がやりにくい。などの問題が発生
します。情報の更新がファイル単位でローカルPC上で行われるところに原因が
あります。JIRAは以下に述べるメリットの1点目でこの問題を解決します。

■JIRA導入のメリット

JIRAは情報を課題単位にまとめます。この課題単位で以下のことが可能です。

・情報共有
 JIRAはWebアプリであるため、URLさえ分かれば普段利用しているWebブラウザ
 から課題を検索、参照、変更、コメント追加することができます。
 課題1件1件について詳細を知っている人、効果的な解決方法を知っている人、
 最新情報を伝授できる人は個々人バラバラなことが多いため課題単位で価値
 のある情報を付加していけることは非常に都合が良いです。
 結果的にプロジェクト関係者全員が知恵を出し合ってプロジェクトに貢献で
 きます。

・画面とワークフローをカスタマイズ
 課題の種類が違えば情報として収集したいことや扱い方も変わってきます。
 例えば協力会社に依頼する開発作業タスクとバグ報告という種類の違う課題
 が1プロジェクト内で発生します。その際、前者は他社への作業依頼なので
 しっかりと費用負担コードを明記して作業依頼するかもしれません。また受
 け入れテスト工程を設定し、テスト実施者と日時を記録に残す必要があるか
 もしれません。
 JIRAでは課題の種類ごとに画面をカスタマイズして入力項目を増やせます。
 また課題の種類ごとに別のワークフローを設定できるので、他社に
 依頼する開発作業タスクだけ使い受け入れテスト工程を義務化することもで
 きます。
 JIRAはこれらのカスタマイズが標準カスタマイズ機能として使いやすく提供
 されていることが大きな特徴です。

◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◇
 【ご案内】ソフトウェア開発環境セミナー(9/28)
   ~JIRAによるプロジェクト管理の基礎~
◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◇

最近のソフトウェア開発は、グローバル化、ライバル企業の協業というビジネ
ス環境の変化に対応する必要が増えてきました。そしてスピード感ある開発は
常に求められます。このように激化するソフトウェア開発をアジャイル開発や
開発環境(ツール)の側面から支えようとする企業も増えてきています。

今回は、アジャイル開発に適したツールが整えられていない、もしくは整えら
れていても活用しきれていない、というソフトウェア開発部門を対象に、適切
なツールと効果的な活用方法を提供することで、アジャイル開発を導入する敷
居を下げる事を狙っています。

アトラシアン製品のJIRAはもともとソフトウェア開発プロジェクトにおけるバ
グトラックツールとして生まれました。今では柔軟性の高いプロジェクト管理
システムへと進化し全世界14500組織以上にて利用実績があります。そしてJIRA
にPluginするGreenHopperというアジャイル開発ツールは全世界3800組織以上で
の利用実績があります。JIRAを使うことで段階的もしくは一部のプロジェクト
をアジャイル開発へ移行しやすくなります。

本セミナーでは開発ツールの選定をされている方、開発プロセスの改善を検討
している方を対象に、JIRAをソフトウェア開発プロジェクトの中でどのように
使っていけば良いのか?を理解して頂きます。

また、チェンジビジョン製品のastahより、MindClipを使ったJIRAとの連携(タ
スクの整理方法)のデモを行います。

 日 時:2011年9月28日(水) 15:00~17:30(14:45~ 開場)
 場 所:株式会社永和システムマネジメント 東京支社 会議室
 定 員:15名
 参加費:無料(事前申込制)
 対 象:これからJIRAを導入する方、使っていきたいと考えている方

ハンズオン形式(PCを1人1台使います)
※本セミナーはPCを使用します。
※6台はご用意しております。先着順となります。
※可能な方は、ご自身のPCを持ち込んで下さい。

▼プログラム
セッション(1)「JIRAによるプロジェクト管理の基礎」
               リックソフト株式会社 大貫 浩

セッション(2)「MindClipによるタスク整理方法」
               株式会社チェンジビジョン 小阪 暢之

▼詳細情報およびお申込みはコチラ↓
 https://sec.tky.esm.co.jp/2011/09/07/private_seminar22/

◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◇
  私たちのホームページ
◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◇

『コンサルティングセンター』 https://sec.tky.esm.co.jp/
 システム開発に潜むムダを取り除き、システム開発に関わる全ての人が適正
 な価値を持続的に得られるよう、支援します。コンサルティング領域や、セ
 ミナーのご案内などを掲載しています。

『Ruby x Agile』 http://ruby.agile.esm.co.jp/
 Rubyやアジャイル開発に関する最新のトピックスや活動実績を紹介していま
 す。現場のメンバーのブログも掲載しています。

『永和流プロジェクト運営術』 http://agile.esm.co.jp/scrum/
 プロジェクト運営に関して私たちが提供しているサービスを紹介しています。
 スクラムという開発手法の解説も掲載しています。

『永和システムマネジメント 組込みグループ』 http://et.esm.co.jp/site/
 オブジェクト指向やアジャイルといった永和の強みをETの現場でも活用すべ
 く活動中です。メンバーのブログやETロボコン関連のコンテンツも掲載中です。

◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◇
◆  ご意見・ご感想は、このメールに返信ください。
◆  配信解除は件名「配信解除」にてこのメールに返信ください。
    アドレス変更は件名「アドレス変更」、本文に配信希望メールアドレスを
    記載の上、このメールに返信ください。
◆  免責事項・個人情報保護方針はコチラを参照ください。
    http://www.esm.co.jp/company/approach/approach_privacy.html
◆  発行:株式会社永和システムマネジメント
    〒110-0005 東京都台東区上野2丁目7番7号上野HSビル8F
    http://www.esm.co.jp/
Copyright (c)2011 Eiwa System Management, Inc. All Rights Reserved.

メールマガジン(2011/8/23 第11号) ユーザ企業からアジャイル開発はこう見える

 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

              E S M ニュース
                         2011/08/23 第11号
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

◇ Contents ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◇
┃◆【連載】人材育成、講師の視点から[9]
┃   ~アジャイル開発研修の動向から見えてくるもの~
┃◆【ご案内】アジャイル開発セミナーの紹介(9/16)
┃  アジャイルのすすめ 2011
┃   ~ユーザーが作り上げる本当に価値あるシステムを!だからアジャイル~
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◇

このメールは、株式会社永和システムマネジメント社員と名刺交換をさせて頂
いた方に送付しています。今後このようなメールが不要な方は、末尾の案内を
参考に解除依頼をお送りください。

◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◇
【連載】人材育成、講師の視点から[9]
~アジャイル開発研修の動向から見えてくるもの~
◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◇

こんにちは、天野勝です。
私は、コンサルタントという職業柄、人にものを教える「講師」という仕事を
する機会が多いです。現場カイゼンの導入教育や、C言語でのテスト駆動開発
と、かなり多岐に渡っています。
この連載では「講師」をしていて気づいたことを私の視点で発信していきます。

■アジャイル開発研修に変化あり
私は、アジャイル開発研修については、2002から講師を担当しています。
すでに、10年近く研修を行っているのですが、ここ数年で、アジャイル開発研
修に求められるものが変わってきています。これは、当然ながらアジャイル開
発を取り巻く環境が変化していることに起因しています。
今回は、この研修の変化と、その変化を通して見えてきた環境の変化をご紹介
します。

■アジャイル開発研修の動向
私たちが実施しているアジャイル開発研修の動向を紹介します。

◇開発者以外が受講するようになった
これまで研修では、基礎知識を座学で話を聞いて学び、アジャイル開発の流れ
と、開発のプラクティスであるTDD(テスト駆動開発)を体験するという2日間の
ものが定番であり、必要に応じてカスタマイズを行い、オンサイト研修[*1]と
して年に数回実施していました。この研修の対象者は、主に開発者でした。
ここ数年は、これらを別々に開催し、それぞれの受講者を分けるというのが増
えてきています。基礎知識+流れの体験については、アジャイル開発に関わる
全員(開発者、マネージャ、仕様の決定者など)が受講し、TDDの体験のみを開
発者が受講するというものです。
以前は、ほとんどがソフトハウスの開発者であり、「プロジェクトマネージャ
向け」と限定すると、受講者はほとんど集まりませんでしたが、最近はプロジェ
クトマネージャ向けに限定したほうが、集まりが良いことも増えてきています。
とくに、ユーザ企業の情報処理部門の方が、増えてきています。

◇より実践的な内容が求められるようになった
研修の内容をより実践的にして欲しいという要求も増えてきています。これは、
対象者をチームリーダ層に限定し、チーム単位で自律的に開発が行えるように
するというのが目的です。
以前は、基礎的なところを学んだあとは、実際の開発の中で試行錯誤しながら
アジャイル開発の知見を増やすとともに、アジャイル開発ができるように訓練
していたのと比べると、より即戦力が求められているようです。
また、10年前と異なって、私たちにもそれだけの知見が蓄積され、そのような
要求にこたえられるようになってきているのも要因の一つです。

◇受講者の動機が変化してきた
以前は、開発者を対象としていたこともあり、「自分でアジャイル開発を始め
るための準備」を目的として参加する方が多かったのですが、ここ数年は、
「プロジェクトでアジャイルを採用することになったので、基礎知識だけでも
学ばなくては」と切羽詰まった状態の方や、「よくわからないけど、行けと言
われたのできた」と意識はそう高くない方だったりと、多岐にわたるようになっ
てきています。

◇実プロジェクトへの導入が増えてきた
オンサイト研修とは若干異なりますが、プロジェクトへのアジャイル開発導入
コンサルの一環で、研修をすることもあります。これまでは、パイロットプロ
ジェクトを対象にしていたのが、今年に入ってからはパイロットではなく、実
開発のプロジェクトを対象としたものが増えています。

■アジャイル開発を取り巻く環境の変化
上記の傾向の背景には、アジャイル開発が一般的になり、トップダウンに一気
に導入しようという機運が高まっているのがあるのでしょう。さらにその背景
には、10年前に私達の研修を受けた方が、昇進して決定権を持ち、今一度アジャ
イル開発に取り組んでいるというのもあるようです。

以前は、パイロットプロジェクトを対象にアジャイル開発を導入してきたのが、
実プロジェクトへの導入が増えてきているのは特筆すべきでしょう。これまで、
SIerを対象にセミナーをすると「どうやって、ユーザ企業を巻き込めば良いの
か?」という質問が多かったのですが、近年はユーザ企業がアジャイル開発で
開発してもらいたいということで、「どうやって、SIerに発注をすればよいの
か?」という質問が増えてきているです。
ユーザ企業がアジャイル開発にシフトしてきている今、ユーザ企業とSIerが共
存共栄するための基盤として、アジャイル開発を捉えてみてもよいのではない
でしょうか。

[*1] オンサイト研修
受講者を集めてもらい、そこに講師を派遣する形態の研修

◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◇
【ご案内】アジャイル開発セミナーの紹介(9/16)
アジャイルのすすめ 2011
~ユーザーが作り上げる本当に価値あるシステムを!だからアジャイル~
◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◇

大規模、複雑化するソフトウェア開発の現場において、従来型のプロジェクト
運営だけでは、顧客の求める機能・品質・納期に応えるのが難しくなってきて
います。そこで、より俊敏でかつ柔軟なプロジェクト運営を実践するアジャイ
ルが注目を集めています。
これまで、日本では一部の開発チームで試験運用されているイメージが強かっ
たアジャイル開発ですが、様々なプロジェクトでの採用が急速に進んでいます。
本セミナーでは、弊社からのご紹介にとどまらず、実際にアジャイル開発を実
践頂きました各ユーザー企業様にご登壇頂き、企業のシステム部門の立場で、
アジャイル開発を実践頂いた現場の声を、ご紹介頂きます。
ご参加された方にとって、本当の企業価値を生み出すシステム構築の一助にな
ればと、考えております。

アジャイルのすすめ 2011
~ユーザーが作り上げる本当に価値あるシステムを!だからアジャイル~

日 時:2011年9月16日(金) 13:30~19:00(13:00受付開始)
場 所:ユーディーエックス・ギャラリーネクスト NEXT-1 (秋葉原UDX 4F)
定 員:80名
参加費:無料(事前申込制)
主 催:株式会社NTTデータCCS
共 催:株式会社永和システムマネジメント
メディア協賛:IT Leaders

▼プログラム
◇セッション(0) 13:30~13:35
ご挨拶・趣旨説明

◇セッション(1) 13:35~14:05
基調講演1
『ユーザーへアジャイルの未来を』
~ビジネスに貢献するシステムを開発するために~
株式会社永和システムマネジメント 取締役副社長 平鍋 健児

◇セッション(2) 14:05~14:35
基調講演2
『リクルート流アジャイル SWATの現在と未来』
~スピードを追求した開発スキーム SWATのご紹介~
株式会社リクルート MIT Unitedプロジェクト推進部 生貝 武俊 様

◇セッション(3) 14:35~15:55
『事例紹介/プラクティスリレー』

・株式会社イプサ様におけるCRIプロジェクト
『名ばかりアジャイルからの脱出 』
株式会社NTTデータCCS 伊藤 淳

・株式会社豊通エレクトロニクス様におけるR&Rプロジェクト
『アジャイル開発の実践における教訓と課題』
株式会社NTTデータCCS 矢野 なぎさ

・株式会社角川コンテンツゲート様におけるBOOK☆WALKERプロジェクト
『アジャイルとクラウドによる電子書籍元年へのチャレンジ』
株式会社NTTデータCCS 東海 政治

・株式会社サイエンス倶楽部様における価値創造契約適用プロジェクト
『新しい契約形態での受託開発 実践記』
株式会社永和システムマネジメント 木下 史彦

◇セッション(4) 16:10~17:10
パネルディスカッション
『ユーザー企業の価値創造に向けた提言』

(パネリスト)
・株式会社イプサ 事業管理部 部長
寺澤 晃雄 様

・株式会社豊通エレクトロニクス エリスネット事業室 グループリーダー
中島 光一 様

・株式会社角川コンテンツゲート BOOK☆WALKER事業本部 プロデューサー
秋本 祥一 様

・株式会社NTTデータCCS ビジネスソリューション事業本部 シニアマネージャ
三河 淳一

(コーディネーター)
・株式会社永和システムマネジメント 取締役副社長
平鍋 健児

◇セッション(5) 17:30~19:00
懇親会
『ディスカッションの夕べ』
(コーディネーター)
・IT Leaders 編集長
田口 潤 様

▼詳細情報およびお申込みはコチラ↓
https://sec.tky.esm.co.jp/2011/08/22/agileseminar2011/

◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◇
私たちのホームページ
◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◇

『コンサルティングセンター』 https://sec.tky.esm.co.jp/
 システム開発に潜むムダを取り除き、システム開発に関わる全ての人が適正
 な価値を持続的に得られるよう、支援します。コンサルティング領域や、セ
 ミナーのご案内などを掲載しています。

『Ruby x Agile』 http://ruby.agile.esm.co.jp/
 Rubyやアジャイル開発に関する最新のトピックスや活動実績を紹介していま
 す。現場のメンバーのブログも掲載しています。

『永和流プロジェクト運営術』 http://agile.esm.co.jp/scrum/
 プロジェクト運営に関して私たちが提供しているサービスを紹介しています。
 スクラムという開発手法の解説も掲載しています。

『永和システムマネジメント 組込みグループ』 http://et.esm.co.jp/site/
 オブジェクト指向やアジャイルといった永和の強みをETの現場でも活用すべ
 く活動中です。メンバーのブログやETロボコン関連のコンテンツも掲載中です。

◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◇
◆  ご意見・ご感想は、このメールに返信ください。
◆  配信解除は件名「配信解除」にてこのメールに返信ください。
アドレス変更は件名「アドレス変更」、本文に配信希望メールアドレスを
記載の上、このメールに返信ください。
◆  免責事項・個人情報保護方針はコチラを参照ください。
http://www.esm.co.jp/company/approach/approach_privacy.html
◆  発行:株式会社永和システムマネジメント
〒110-0005 東京都台東区上野2丁目7番7号上野HSビル8F
http://www.esm.co.jp/
Copyright (c)2011 Eiwa System Management, Inc. All Rights Reserved.

メールマガジン(2011/5/23 第10号)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

              E S M ニュース
                         2011/05/23 第10号
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

◇ Contents ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◇
┃◆【連載】人材育成、講師の視点から[8]
┃ ~身体を動かして考える~
┃◆【ご案内】ご好評につき、第2回を開催します(6/3)
┃ 『アジャイル開発環境セミナー
┃ ~一般ユーザが知っておきたいJIRAの概念と操作~』
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◇

このメールは、株式会社永和システムマネジメント社員と名刺交換をさせて頂
いた方に送付しています。今後このようなメールが不要な方は、末尾の案内を
参考に解除依頼をお送りください。

◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◇
【連載】人材育成、講師の視点から[8]
~身体を動かして考える~
◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◇

こんにちは、天野勝です。
私は、コンサルタントという職業柄、人にものを教える「講師」という仕事を
することが多いです。現場カイゼンの導入教育や、C言語でのテスト駆動開発
と、かなり多岐に渡っています。
この連載では「講師」をしていて気づいたことを私の視点で発信していきます。

■学ぶということ
アジャイル開発や、チームファシリテーションのセミナーでは、朝会、ふりか
えり会、計画づくりといった主要な会議体の進め方を演習で体感して学んでも
らうようにしています。実際に、身体を動かすことで、テキストや言葉だけで
は伝えきれないことを、その気づきから学んでもらえています。「学ぶ」の語
源は「真似ぶ」[*1]とも言われており、動きを真似てみてこそ、分かることも
多いのです。
しかしながら、この裏を返すと、アジャイル開発やチームファシリテーション
の中心的な会議体をスムーズに効果的に運営できるようになるには、敷居が高
いということになります。

■「できる」と「できた」の違い
アジャイル開発を行なっているが、どうもうまくできていないと感じている方
たちのほとんどが、これらの会議体を行なってはいるそうです。しかし、詳し
く話を聞いてみると、その会議体はどうもうまく運営できていないようです。
例えば、朝会では「前日やったこと」「今日やること」「問題点」という、3
つを報告するというのが流儀ですので、その通りにやっているということです
が、いつも「問題点」は挙がらないそうです。特に、計画したスケジュールか
ら遅れているにも関わらず、問題がないというのはおかしな話です。確かに表
面的には、正しく見えますが、これは何か違いますね。どうやら、手順ばかり
に気がいってしまって、形式的に進めてしまっているようです。これらの会議
体についてはうまく運営できているかのチェックリストを用意してあります
が、これは備忘録的なものですので、うまく運営できている状態が分からない
人がチェックしても効果はそれほど高くないというのが現実です。経験がない
人がチェックしても、効果が上がりません。
会議はそこに参加する人次第の水ものですので、うまく運営するのは本当に難
しく、そこそこうまく運営するのだって骨が折れるのです。だからこそ、「で
きる」と「できた」の間には、大きな隔たりがあります。

■演習中心のセミナーならではのメリット
演習中心のセミナーは、「できる」つもりのことを、なるべく「できた」に近
くするための工夫です。実際に身体を動かすことで多くの気づきを得て、そこ
から学べます。擬似的でも「できた」を体験することで、できていない時の
ギャップがわかるのです。
セミナーに参加される方の中には、グループでの演習を敬遠する方もいらっ
しゃいますが、現場で使える知識や知恵を持ち帰るには、ぜひ演習を体験して
ください。職場で失敗すると失うものがあるでしょうが、セミナーの中で失敗
するのは得るものの方が多いのではないでしょうか。

[*1] 語源由来辞典
http://gogen-allguide.com/ma/manabu.html

◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◇
【ご案内】ご好評につき、第2回を開催します(6/3)
『アジャイル開発環境セミナー
~一般ユーザが知っておきたいJIRAの概念と操作~』
◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◇

日本のアジャイル開発は、一昔前のイメージ(小規模・研究開発でしか使えない)
から大きく様変わりし、広く認知されるようになりました。開発環境(ツール)
の側面かアジャイル開発を支えようとする企業も増えてきています。

アジャイル開発に適したツールが整備されていない、もしくは整備されていて
も活用しきれていない、というIT企業を対象に、適切なツールと効果的な活用
方法を提供することで、アジャイル開発の導入の敷居を下げる事を狙い、セミ
ナーを開催します。

まずは、アトラシアン製品のJIRAを対象にして、実際にPCを操作しながら、機
能を一通り使えることとアジャイル開発の中でどのように使っていけば良いの
かを理解して頂きます。

『アジャイル開発環境セミナー
~一般ユーザが知っておきたいJIRAの概念と操作~』
日 時:2011年6月3日(金) 15:00~17:10(14:45受付開始)
場 所:株式会社永和システムマネジメント 東京支社(上野、御徒町)
参加費:無料(事前申込制)

▼プログラム
1.『ユーザー向けJIRA入門セミナー』
2. 質疑応答

▼詳細情報およびお申込みはコチラ↓
https://sec.tky.esm.co.jp/2011/05/20/private_seminar21/

◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◇
私たちのホームページ
◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◇

『コンサルティングセンター』 https://sec.tky.esm.co.jp/
 システム開発に潜むムダを取り除き、システム開発に関わる全ての人が適正
 な価値を持続的に得られるよう、支援します。コンサルティング領域や、セ
 ミナーのご案内などを掲載しています。

『Ruby x Agile』 http://ruby.agile.esm.co.jp/
 Rubyやアジャイル開発に関する最新のトピックスや活動実績を紹介していま
 す。現場のメンバーのブログも掲載しています。

『永和流プロジェクト運営術』 http://agile.esm.co.jp/scrum/
 プロジェクト運営に関して私たちが提供しているサービスを紹介しています。
 スクラムという開発手法の解説も掲載しています。

『永和システムマネジメント 組込みグループ』 http://et.esm.co.jp/site/
 オブジェクト指向やアジャイルといった永和の強みをETの現場でも活用すべ
 く活動中です。メンバーのブログやETロボコン関連のコンテンツも掲載中です。

◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◇
◆ ご意見・ご感想は、このメールに返信ください。
◆ 配信解除は件名「配信解除」にてこのメールに返信ください。
アドレス変更は件名「アドレス変更」、本文に配信希望メールアドレスを
記載の上、このメールに返信ください。
◆ 免責事項・個人情報保護方針はコチラを参照ください。
http://www.esm.co.jp/company/approach/approach_privacy.html
◆ 発行:株式会社永和システムマネジメント
〒110-0005 東京都台東区上野2丁目7番7号上野HSビル8F
http://www.esm.co.jp/
Copyright (c)2011 Eiwa System Management, Inc. All Rights Reserved.

メールマガジン(2011/4/4 第9号)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                                   
              E S M ニュース              
                         2011/04/04  第9号 
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

◇ Contents ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◇
┃◆【連載】人材育成、講師の視点から[7]
┃ ~アナログツールとデジタルツールの使いどころ~
┃◆【ご案内】セミナーを開催します(4/19)
┃ 『アジャイル開発環境セミナー
┃ ~一般ユーザが知っておきたいJIRAの概念と操作~』
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◇

このメールは、株式会社永和システムマネジメント社員と名刺交換をさせて頂
いた方に送付しています。今後このようなメールが不要な方は、末尾の案内を
参考に解除依頼をお送りください。

◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◇
【連載】人材育成、講師の視点から[7]
~アナログツールとデジタルツールの使いどころ~
◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◇

こんにちは、天野勝です。
私は、コンサルタントという職業柄、人にものを教える「講師」という仕事を
することが多いです。現場カイゼンの導入教育や、C言語でのテスト駆動開発
と、かなり多岐に渡っています。
この連載では「講師」をしていて気づいたことを私の視点で発信していきます。

■アナログ vs. デジタル
「タスクボードは、模造紙と付箋紙というアナログなツールを使わなくてはな
らないのですか?」
アジャイル開発や、チームファシリテーションの研修を行なうと、よくこのよ
うな質問を受けます。この質問に対しては「ぜひ、アナログなツールから使い
始めてください」と回答しています。このように回答すると、中には、「アナ
ログなんて古臭くて、かっこ悪いから使いたくない」と言われてしまい、その
ツールの裏側にある考え方まで含めて、否定されてしまうこともあります。

最近はチケット駆動開発の認知度が向上して、バグ管理ツールが課題管理ツー
ル、さらにはタスク管理ツールとして使われることが増えてきましたが、それ
でもやはり使い始めはアナログツールがおススメです。なかには、ツールに振
り回されてしまっている例もあります。計画に追従していくために、タスクの
リスケジュールが多発し、気がつけばリーダーがツールとずっと格闘していて、
タスクをこなす時間がとれないという笑い話のような現実もあるようです。

■アナログツールのメリット
そこまでアナログツールを推す理由は、手軽に使い始めることができて、工夫
しやすいという点です。タスクボードであれば壁に貼るのが理想ですが、壁に
貼れるようなスペースがなければ、工夫して机の上に置くサイズにすることも
できます。
また、運用のルールも柔軟に変えられのもメリットです。特に、チームの立ち
上がり時期は、チームとしての仕事の進め方が過度期にあり、なかなか定まら
ないということがあります。このようなときにこそ様々な運用を試して見る必
要があります。例えば、チームの中で別々のワークフローをお試しで使ってみ
るということもあるでしょう。このような場面では、アナログツールはとても
力を発揮します。

■デジタルツールのメリット
しかし、チームとしての仕事の進め方が固まってくると、アナログツールでは
オーバーヘッドを感じるようになります。例えば、毎回同じようなタスクを作
らなくてはならなかったり、残時間を集計したりというのは人手ではなかなか
面倒くさい作業です。このようなところにはデジタルツールの方にかなりのメ
リットがあります。
アナログツールは運用ルールが柔軟なため、そのルールを守るかどうかは、そ
れを使う人に依存します。つまり、ついうっかりをしてしまう人間の特性から
すると、ある程度のことをデジタルツールで保管してもらえるというのはとて
も心強いのです。
また、ネットワークを使って、遠隔地と情報を共有したりというのは、なかな
かアナログツールでは現実的な解がありません。

■デジタルツールがアナログツールに寄ってきている
「充分に発達した科学技術は、魔法と見分けが付かない。」[*1]という言葉が
示すように、技術の進歩によって、デジタルツールの使い勝手が向上し、まる
で魔法かと思うようにアナログツールに寄ってきています。
しかし、まだまだ使うためには操作方法を覚える必要があり、お高いツールを
買ったはいいが活用しきれていない人も多いようです。技術に加えて、人の努
力があれば、様々なツールが魔法のような価値を生み出すことでしょう。

[*1] SF作家アーサー・C・クラークが定義した「クラークの三法則」の一つ。

◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◇
【ご案内】セミナーを開催します(4/19)
『アジャイル開発環境セミナー
~一般ユーザが知っておきたいJIRAの概念と操作~』
◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◇

日本のアジャイル開発は、一昔前のイメージ(小規模・研究開発でしか使えない)
から大きく様変わりし、広く認知されるようになりました。開発環境(ツール)
の側面かアジャイル開発を支えようとする企業も増えてきています。

アジャイル開発に適したツールが整えられていない、もしくは整えられていて
も活用しきれていない、というIT企業を対象に、適切なツールと効果的な活用
方法を提供することで、アジャイル開発の導入の敷居を下げる事を狙い、セミ
ナーを開催します。

まずは、アトラシアン製品のJIRAを対象にして、機能を一通り使えることと、
アジャイル開発の中でどのように使っていけば良いのかを理解して頂きます。

『アジャイル開発環境セミナー
~一般ユーザが知っておきたいJIRAの概念と操作~』
日 時:2011年4月19日(火) 15:00~17:40(14:45受付開始)
場 所:株式会社永和システムマネジメント 東京支社(上野、御徒町)
参加費:無料(事前申込制)

▼プログラム
1.『ユーザー向けJIRA入門セミナー』
2.『アジャイル開発を支える開発環境』
3. 質疑応答

▼詳細情報およびお申込みはコチラ↓
https://sec.tky.esm.co.jp/2011/04/01/private_seminar20/

◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◇
私たちのホームページ
◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◇

『コンサルティングセンター』 https://sec.tky.esm.co.jp/
 システム開発に潜むムダを取り除き、システム開発に関わる全ての人が適正
 な価値を持続的に得られるよう、支援します。コンサルティング領域や、セ
 ミナーのご案内などを掲載しています。

『Ruby x Agile』 http://ruby.agile.esm.co.jp/
 Rubyやアジャイル開発に関する最新のトピックスや活動実績を紹介していま
 す。現場のメンバーのブログも掲載しています。

『永和流プロジェクト運営術』 http://agile.esm.co.jp/scrum/
 プロジェクト運営に関して私たちが提供しているサービスを紹介しています。
 スクラムという開発手法の解説も掲載しています。

『永和システムマネジメント 組込みグループ』 http://et.esm.co.jp/site/
 オブジェクト指向やアジャイルといった永和の強みをETの現場でも活用すべ
 く活動中です。メンバーのブログやETロボコン関連のコンテンツも掲載中です。

◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◇
◆ ご意見・ご感想は、このメールに返信ください。
◆ 配信解除は件名「配信解除」にてこのメールに返信ください。
アドレス変更は件名「アドレス変更」、本文に配信希望メールアドレスを
記載の上、このメールに返信ください。
◆ 免責事項・個人情報保護方針はコチラを参照ください。
http://www.esm.co.jp/company/approach/approach_privacy.html
◆ 発行:株式会社永和システムマネジメント
〒110-0005 東京都台東区上野2丁目7番7号上野HSビル8F
http://www.esm.co.jp/
Copyright (c)2011 Eiwa System Management, Inc. All Rights Reserved.