メールマガジン(2009/12/28 第6号)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                                   
        ESMコンサルティングセンター News           
                         2009/12/28  第6号 
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

このメールは、株式会社永和システムマネジメント社員と名刺交換をさせて頂
いた方に送付しています。今後このようなメールが不要な方は、末尾の案内を
参考に解除依頼をお送りください。

◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◇
 【連載】人材育成、講師の視点から[2]
◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◇

こんにちは、天野勝です。
私は、コンサルタントという職業がら、人にものを教える「講師」という仕事
をすることが多いです。現場カイゼンの導入教育や、C言語でのテスト駆動開発
と、かなり多岐に渡っています。

この連載では「講師」をしていて気づいたことを私の視点で発信していきます。

■「可視化」と「見える化」
ソフトウェア開発の現場にプロジェクトファシリテーション[*1]流のカイゼン
を導入するという教育を行うことがあります。この教育の主要なテーマに「見
える化」があります。ここでは「見える化」を、異常を見えるようにし、行動
を誘発する仕組み、および活動のこと、と定義しています。
「見える化」に近い言葉に「可視化」があります。「可視化」は見えないもの
を見えるようにすることであり、「見える化」はさらにその次のステップにな
ります。何でもかんでもただたんに見えればよいというのではなく、行動を誘
発することまで含んで「見える化」なのです。

■失敗する「見える化」
「見える化」という単語は親しみやすいせいか、多くの場所で実際に取り組ま
れています。が、全てが上手くいっているというわけではありません。失敗例
を分析すると、失敗の主な原因に次の4つの特徴が見られます。
・色々見えるようになったが、何を見ればよいか分からない
・見えるようにするのに精一杯で、活用できない
・データの入力をさせられるが、どこにそのデータが活用されているか不明
・正しいデータが上司に分かると、怒られそうだから嘘のデータを入力する

■成功する「見える化」
「見える化」の成功例には次の3つの特徴が見られます。
・注目すべき事項の異常、および異常への傾向が分かる
・仕事を進める上での仕組みと連動している
・異常を解決することが自分達の仕事の成功に結びついている

ソフトウェア開発では、タスクボード(ソフトウェアかんばん)がこの「見える
化」の好例です。
ただし、タスクボードもタスクをボードに貼っただけで、仕事の進め方と連動
しなければ効果は薄いです。進捗の遅れが分かっても、それをチームで自律的
にリカバーしようと行動を起こさずに、他人事とそ知らぬふりをしていたら、
それはただの共有ToDoボードでしかなく、まして進捗の遅れが見えるたびに、
上司に怒られるような環境では、まったくもって効果は期待できません。

■「見える化」のその次
「可視化」⇒「見える化」とステップアップしたその次には何が来るでしょう
か?
私は、「よい文化」を次に置いています。
目標に向かって互いが尊重し合い、互いを高めあう、そんな風土ができあがる
のです。
ぜひ皆さんも、「見える化」のその次を考えて、「見える化」に取り組んでみ
てはいかがでしょうか。

[*1] プロジェクトファシリテーション
     http://ObjectClub.jp/community/pf/

◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◇
 【ご案内】『企業改革からIT構築までの見える化事例大集合』セミナー(1/27)
◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◇

今、企業の業務やシステムの「見える化」が注目されています。
しかし、単に「見える化」をするだけでは何の効果も得られなかったという声
をよくうかがいます。
本セミナーでは、以下のような3つの場面での具体的事例をご紹介し、「価値
をもたらす見える化」とは何かについてご来場いただいた皆様とともに考えて
まいります。

「IT企業改革での見える化」
「ソフトウェアの見える化」
「システム開発段階の見える化」

皆様にとっての本当のビジネス価値を持った「見える化」はどんなものかを見
極めてみませんか?

『企業改革からIT構築までの見える化事例大集合』
 日 時:2010年1月27日(水) 18:00~21:00
 場 所:大手町サンケイプラザ 301号室
 参加費:無料
 主 催:匠Sytle、匠BusinessPlace、匠Lab
 共 催:株式会社永和システムマネジメント、株式会社チェンジビジョン

▼詳細情報およびお申込みはコチラ
https://sec.tky.esm.co.jp/2009/12/24/private_seminar5/

◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◇
◆  ご意見・ご感想は、このメールに返信ください。
◆  配信解除は件名「配信解除」にてこのメールに返信ください。
    アドレス変更は件名「アドレス変更」、本文に配信希望メールアドレスを
    記載の上、このメールに返信ください。
◆  免責事項・個人情報保護方針はコチラを参照ください。
    http://www.esm.co.jp/terms/index.html
◆  発行:株式会社永和システムマネジメント コンサルティングセンター
    〒110-0005 東京都台東区上野2丁目7番7号上野HSビル8F
    http://www.esm.co.jp/
Copyright (c)2009 Eiwa System Management, Inc. All Rights Reserved.

メールマガジン(2009/12/02 第5号)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                                   
        ESMコンサルティングセンター News           
                         2009/12/02  第5号 
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

このメールは、株式会社永和システムマネジメント社員と名刺交換をさせて頂
いた方に送付しています。今後このようなメールが不要な方は、末尾の案内を
参考に解除依頼をお送りください。

◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◇
 【レポート】3社合同セミナーを開催しました。
◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◇

11月12日、『チームを動かし「揺らぐ」ソフト開発プロジェクトをゴールへ導く』
と題し、ゴール・システム・コンサルティング株式会社、株式会社ビーイング、
株式会社永和システムマネジメントの3社による合同セミナーを開催しました。

「TOC/CCPM」「チームファシリテーション」を紹介しながら、誰が何のために
どのような情報を見なければならないのか、そして「見える化」の次の一手と
して何をしなければならないかを解説した本セミナーのレポートを公開しまし
た。参加者アンケートでも大変ご好評をいただいた本セミナーの様子を、ぜひ
ご覧ください。

▼セミナーレポート
https://sec.tky.esm.co.jp/2009/12/01/seminar_report1/

◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◇
 【ご案内】プライベートセミナーを開催します。(12/17)
◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◇

ご好評につき、再度開催します!

プロジェクトの成功とは、システムの発注側にとってのビジネス価値に貢献で
きるシステムを提供できた場合に成功だと考える事ができます。
しかし、近年は要件の複雑化や短納期化により、プログラミング言語やミドル
ウェア等の技術力だけでは達成が困難になっており、それを支えるプロジェク
トの進め方をより効率化する必要性が高まっています。
また、プロジェクトの進め方といっても、プロジェクトマネジメント、開発プ
ロセス、顧客とのコミュニケーション、チームビルディングなど様々な要素が
必要になっており、各現場でどう取り組むべきか困惑している状況が続いてい
ます。
今回のセミナーでは、プロジェクトの進め方を開発チームの運営の手法と捉え、
現場で必要な取り組みと、その取り組みをうまく実践する秘訣と事例紹介を行
います。

『プロジェクトを成功に導くチーム運営術~高い顧客満足度を得る秘訣とは~』
 日 時:2009年12月17日(木) 14:20~
 場 所:株式会社永和システムマネジメント 東京支社(上野、御徒町)
 参加費:無料

▼詳細情報およびお申込みはコチラ
https://sec.tky.esm.co.jp/2009/11/17/private_seminar4/

◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◇
◆  ご意見・ご感想は、このメールに返信ください。
◆  配信解除は件名「配信解除」にてこのメールに返信ください。
    アドレス変更は件名「アドレス変更」、本文に配信希望メールアドレスを
    記載の上、このメールに返信ください。
◆  免責事項・個人情報保護方針はコチラを参照ください。
    http://www.esm.co.jp/terms/index.html
◆  発行:株式会社永和システムマネジメント コンサルティングセンター
    〒110-0005 東京都台東区上野2丁目7番7号上野HSビル8F
    http://www.esm.co.jp/
Copyright (c)2009 Eiwa System Management, Inc. All Rights Reserved.

メールマガジン(2009/11/11 第4号)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                                   
        ESMコンサルティングセンター News           
                         2009/11/11  第4号 
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

このメールは、株式会社永和システムマネジメント社員と名刺交換をさせて頂
いた方に送付しています。今後このようなメールが不要な方は、末尾の案内を
参考に解除依頼をお送りください。

◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◇
 【連載】人材育成、講師の視点から[1]
◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◇

こんにちは、天野勝です。
私は、コンサルタントという職業がら、人にものを教える「講師」という仕事
をすることが多いです。現場カイゼンの導入教育や、C言語でのテスト駆動開発
と、かなり多岐に渡っています。

この連載では「講師」をしていて気づいたことを私の視点で発信していきます。

■仕事の依頼は教育部門から
私どもに研修を依頼してくださるのは、教育部門の方が多数を占めます。
現場の方にどのような教育が必要かを、一緒に考えてカリキュラムを作り上げ
ていき、それを現場の人に教えるというのが、基本のプロセスです。

■研修の成功はどこで定義する?
研修をしたのですから、主催側となる教育部門も、教育を担当した私どももそ
の評価が気になります。この評価に向けて、研修を作り上げていくといっても
過言ではありません。これだけ投資をしたから、これだけリターンがある、と
いうのが定義しにくいので、独自の評価尺度を設け、これに則って評価するの
です。
そしてここが面白いのですが、その評価の尺度が、組織文化などによって大き
く2つのタイプに分かれます。

(1)アンケート重視タイプ
これは、研修終了後の受講者のアンケートを重視するというものです。受講さ
れた人が、その内容がどれだけ現場で役立つかというのを重視するタイプです。
もっとも、オーソドックスといえるでしょう。

(2)受講者数重視タイプ
これはちょっと変わっています。どれだけ受講者が集まったかで、成功かどう
かを評価するというものです。これは、同じ研修を何度も繰り返す場合に多い
タイプです。必須教育になっていない場合、その研修に人が集まるのは、その
研修の魅力です。当然案内文もデキにも左右されるのですが、受講した人の口
コミも大きなウェイトを占めます。

■新入社員がどうなれば、新入社員教育は成功か?
中堅者向けの研修であれば、成功かどうかは上記の2つのタイプで判断できるの
ですが、新入社員教育の評価はその特性上なかなか困難なのです。

(1)業務経験がない
新入社員ですから、業務経験はありません。習ったことが、業務に役立つのかど
うか分からないというのが現実です。アンケートでは、研修の評価はできません。

(2)必須教育
新入社員教育は、新入社員全員が受講しなくてはならない必須の集合研修です。
受講生自ら研修を選ぶということはまずありません。受講者数では、研修の評
価はできません。

■教育部門は理想の新入社員像を描き、個人への期待を占めそう
あたり前のことですが、新人研修を評価するには、「理想の新入社員像」を描
くことが必須となります。そして、新入社員教育を通して、描いた理想像に近
づいたかを評価します。新入社員教育は、長期間となりますので、その過程で
逐次評価していきます。
しかし、スキルにばらつきがあるのが、新入社員教育の特徴です。画一的には
評価できません。そこで次に必要となるのが、個性のマネジメントです。個人
に対して個別の期待を示し、その期待への応え方を評価していきます。新入社
員と一緒にいる講師と、理想像を持っている教育部門が密に連携することで、
その成功が得られるのではないでしょうか。

◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◇
 【ご案内】プライベートセミナーを開催します。(11/25)
◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◇

昨今の新入社員教育を取り巻く環境は、事業環境・組織体制によって影響を受
けます。毎年何かしら要求が変化し、新入社員教育を企画されている方は、
・戦力の定義が変化し、新入社員教育の企画が困難
・有能な社員を講師としてアサインできない
・教育予算が限られている
等のハードルを越える必要があります。

さらに、安易にアウトソースを行うと、ありきたりの教育だったり、要望を加
えるとカスタマイズ料金が発生したり、なかなか思うようにいかないのが現実
です。

本セミナーでは、このような制約の多い新入社員教育の現場で、何に重きを置
いて企画・運営していけばよいのか、事例からポイントをご紹介致します。

『最近の事例から見る新入社員教育の企画・運営のポイント
  ~気持ちと技術を注入する新入社員教育~』
 日 時:2009年11月25日(水) 14:20~
 場 所:株式会社永和システムマネジメント 東京支社(上野・御徒町)
 参加費:無料

詳細情報およびお申込みはコチラ↓
https://sec.tky.esm.co.jp/2009/11/10/private_seminar3/

◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◇
◆  ご意見・ご感想は、このメールに返信ください。
◆  配信解除は件名「配信解除」にてこのメールに返信ください。
    アドレス変更は件名「アドレス変更」、本文に配信希望メールアドレスを
    記載の上、このメールに返信ください。
◆  免責事項・個人情報保護方針はコチラを参照ください。
    http://www.esm.co.jp/terms/index.html
◆  発行:株式会社永和システムマネジメント コンサルティングセンター
    〒110-0005 東京都台東区上野2丁目7番7号上野HSビル8F
    http://www.esm.co.jp/
Copyright (c)2009 Eiwa System Management, Inc. All Rights Reserved.

メールマガジン(2009/10/22 第3号)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                                   
        ESMコンサルティングセンター News           
                         2009/10/22  第3号 
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

このメールは、株式会社永和システムマネジメント社員と名刺交換をさせて頂
いた方に送付しています。今後このようなメールが不要な方は、末尾の案内を
参考に解除依頼をお送りください。

◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◇
【ご案内】プライベートセミナーを開催します。(11/13)
◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◇

プロジェクトの成功とは、システムの発注側にとってのビジネス価値に貢献で
きるシステムを提供できた場合に成功だと考える事ができます。
しかし、近年は要件の複雑化や短納期化により、プログラミング言語やミドル
ウェア等の技術力だけでは達成が困難になっており、それを支えるプロジェク
トの進め方をより効率化する必要性が高まっています。
また、プロジェクトの進め方といっても、プロジェクトマネジメント、開発プ
ロセス、顧客とのコミュニケーション、チームビルディングなど様々な要素が
必要になっており、各現場でどう取り組むべきか困惑している状況が続いてい
ます。
今回のセミナーでは、プロジェクトの進め方を開発チームの運営の手法と捉え、
現場で必要な取り組みと、その取り組みをうまく実践する秘訣と事例紹介を行
います。

『プロジェクトを成功に導くチーム運営術~高い顧客満足度を得る秘訣とは~』
日 時:2009年11月13日(金) 14:20~
場 所:株式会社永和システムマネジメント 東京支社(上野、御徒町)
参加費:無料

詳細情報およびお申込みはコチラ↓
https://sec.tky.esm.co.jp/2009/10/22/private_seminar2/

◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◇
◆ ご意見・ご感想は、このメールに返信ください。
◆ 配信解除は件名「配信解除」にてこのメールに返信ください。
アドレス変更は件名「アドレス変更」、本文に配信希望メールアドレスを
記載の上、このメールに返信ください。
◆ 免責事項・個人情報保護方針はコチラを参照ください。
http://www.esm.co.jp/terms/index.html
◆ 発行:株式会社永和システムマネジメント コンサルティングセンター
〒110-0005 東京都台東区上野2丁目7番7号上野HSビル8F
http://www.esm.co.jp/
Copyright (c)2009 Eiwa System Management, Inc. All Rights Reserved.

メールマガジン(2009/10/02 第2号)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                                   
        ESMコンサルティングセンター News           
                         2009/10/02  第2号 
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

このメールは、株式会社永和システムマネジメント社員と名刺交換をさせて頂
いた方に送付しています。今後このようなメールが不要な方は、末尾の案内を
参考に解除依頼をお送りください。

◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◇
【連載】現場発、カイゼンレポート[1]
◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◇

こんにちは。羽根田と申します。今回から「現場発、カイゼンレポート」と題
し、お客様が現場カイゼンできるよう、我々がどのようなことを行っているか
を、事例を交えご紹介する連載を始めます。

今回は初回ということもあり、我々が持っている「現場カイゼン導入メソッド」
の中身をご紹介します。

我々は、お客様の組織・チームにカイゼンを導入していくにあたって、まず、
準備フェーズで導入方針(目的、目標、戦略、手段)を作り上げます。「現場カ
イゼン導入メソッド」とは、その方針を策定する為の要素をまとめたものにな
ります。その要素は、以下の3点に集約されます。
(1)発案者
→推進部、トップダウン、ボトムアップ
(2)導入手段
→セミナー中心、フォローアップ中心、パイロットプロジェクト中心
(3)現場特性
→会社風土(共通の価値観)、事業特性、生立ち、等

これらを調べることで、導入先が変化(カイゼンの導入)に対してどのような反
応を示しやすいかを事前に想定することができ、その反応に対する方針を策定
するためのインプットとなります。
例えば、発案者の要素からは次のように読み取れます。現場カイゼンを導入す
る上で重要になるのは、導入先の動機付けになります。発案者が誰かによって
特徴があります。ボトムアップである場合は、実際に手を動かす人達は動機付
けされているため、うまく上層部の方の嬉しさとリンクさせる必要があります。
トップダウンの場合は、逆に上層部の方が嬉しさは理解しているため、その嬉
しさをいかに現場の人達の身近な嬉しさと繋げるかが必要になります。推進部
の場合は、第三視点から導入先の課題・嬉しさを見つけることができ、現実の
しがらみに捕らわれられずに推進することが可能です。

これ以外にも、導入手段、現場特性からも読み取れることはでき、次回以降に
でもご説明できればと思います。
現場カイゼンとは、お客様が主導となり、我々はその活動を推進するために、
戦略や手段を企画提案・実施していきます。各要素から炙り出された状況に対
して、我々は現場カイゼンを導入するためのお客様が現場改善を導入しやすい
ような道標を提供します。
次回からは、各要素の組み合わせに対してどのような方針を立案し、実施した
のかを事例を交えてご紹介していきます。

それでは、現場から羽根田がお届けしました。次回は、都内の現場から直接お
届けします。
「こういうことを聞きたい」というご要望がございましたら、sales@esm.co.jp
までフィードバックをお願いします。

◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◇
【ご案内】3社合同セミナーを開催します。(11/12)
◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◇

「チームを動かし「揺らぐ」ソフト開発プロジェクトをゴールへ導く」と題し
た、3社合同セミナーを開催します。
本セミナーでは、「TOC/CCPM」「チームファシリテーション」を紹介しながら、
誰が何のためにどのような情報を見なければならないのか、そして「見える化」
の次の一手として何をしなければならないかを解説します。

『「見える化」による次の一手
 チームを動かし「揺らぐ」ソフト開発プロジェクトをゴールへ導く』
日 時:2009年11月12日(木) 13:30~
場 所:株式会社ビーイング 東京オフィス セミナールーム(新宿)
参加費:無料

詳細情報およびお申込みはコチラ↓
https://sec.tky.esm.co.jp/2009/09/29/ccpm_pfseminar/

◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◇
◆ ご意見・ご感想は、このメールに返信ください。
◆ 配信解除は件名「配信解除」にてこのメールに返信ください。
アドレス変更は件名「アドレス変更」、本文に配信希望メールアドレスを
記載の上、このメールに返信ください。
◆ 免責事項・個人情報保護方針はコチラを参照ください。
http://www.esm.co.jp/terms/index.html
◆ 発行:株式会社永和システムマネジメント コンサルティングセンター
〒110-0005 東京都台東区上野2丁目7番7号上野HSビル8F
http://www.esm.co.jp/
Copyright (c)2009 Eiwa System Management, Inc. All Rights Reserved.

メールマガジン(2009/09/16 創刊号)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                                   
        ESMコンサルティングセンター News           
                         2009/09/16 創刊号 
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

このメールは、株式会社永和システムマネジメント社員と名刺交換をさせて頂
いた方に送付しています。今後このようなメールが不要な方は、末尾の案内を
参考に解除依頼をお送りください。

◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◇
【創刊ご挨拶】みなさま、よろしくお願いします。
◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◇

このたび、株式会社永和システムマネジメント(ESM)コンサルティングセンター
では、皆様にお役立ていただきたい情報を発信するべく、メールマガジンを発
行します。
このメールマガジンでは、無料セミナーのご案内や、コンサルティング活動の
中で得た知見の紹介などを行っていきます。今後とも、ぜひご愛顧ください!

◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◇
【ご案内】プライベートセミナーを開催します。(9/28)
◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◇

私達は、これまでのコンサルティング・セミナーの経験を元に、
 ・皆様の仕事場で活用できるノウハウを提供すること
 ・皆様の現場で発生している課題をお聞かせ頂くこと
を目的として、プライベートセミナーを毎月開催しています。少人数制、参加
しやすさ、講師-受講者の相互コミュニケーションが特徴です。お気軽にご参
加下さい。

『「業務の設計・モデリング」でのJUDE活用方法』
日 時:2009年9月28日(月) 14:45~
場 所:株式会社永和システムマネジメント 東京支社(上野、御徒町)
参加費:無料

詳細情報およびお申込みはコチラ↓
https://sec.tky.esm.co.jp/2009/08/28/private_seminar/

◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◇
【ご案内】ITイノベーション様と共催セミナーを実施します。(10/7)
◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◇

「プロジェクトを成功に導く新たな視点~チームファシリテーション~」と題
し、ITイノベーション様と共催でのセミナーを開催します。
プロジェクトマネジメントを下支えする「日々の作業」の円滑化に向けチーム
ファシリテーションの概要を紹介します。

『実務者必見!!プロジェクトを成功に導く新たな視点
~チームファシリテーション~』
日 時:2009年10月7日(水) 14:30~
場 所:アットビジネスセンター(千駄ヶ谷)
参加費:無料

詳細情報はコチラ↓
https://sec.tky.esm.co.jp/2009/08/28/seminar_with_itinnovation/

◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◇
◆ ご意見・ご感想は、このメールに返信ください。
◆ 配信解除は件名「配信解除」にてこのメールに返信ください。
アドレス変更は件名「アドレス変更」、本文に配信希望メールアドレスを
記載の上、このメールに返信ください。
◆ 免責事項・個人情報保護方針はコチラを参照ください。
http://www.esm.co.jp/terms/index.html
◆ 発行:株式会社永和システムマネジメント コンサルティングセンター
〒110-0005 東京都台東区上野2丁目7番7号上野HSビル8F
http://www.esm.co.jp/
Copyright (c)2009 Eiwa System Management, Inc. All Rights Reserved.