プライベートセミナー『プロジェクトを成功に導くチーム運営術』

【プロジェクトを成功に導くチーム運営術
 ~高い顧客満足度を得る秘訣とは~】

プロジェクトの成功とは、システムの発注側にとってのビジネス価値に貢献できるシステムを提供できた場合に成功だと考える事ができます。
しかし、近年は要件の複雑化や短納期化により、プログラミング言語やミドルウェア等の技術力だけでは達成が困難になっており、それを支えるプロジェクトの進め方をより効率化する必要性が高まっています。
また、プロジェクトの進め方といっても、プロジェクトマネジメント、開発プロセス、顧客とのコミュニケーション、チームビルディングなど様々な要素が必要になっており、各現場でどう取り組むべきか困惑している状況が続いています。
今回のセミナーでは、プロジェクトの進め方を開発チームの運営の手法と捉え、現場で必要な取り組みと、その取り組みをうまく実践する秘訣と事例紹介を行います。

【セミナータイトル】

プロジェクトを成功に導くチーム運営術
 ~高い顧客満足度を得る秘訣とは~

【概要】

プロジェクトの成功とは、システムの発注側にとってのビジネス価値に貢献できるシステムを提供できた場合に成功だと考える事ができます。
しかし、近年は要件の複雑化や短納期化により、プログラミング言語やミドルウェア等の技術力だけでは達成が困難になっており、それを支えるプロジェクトの進め方をより効率化する必要性が高まっています。
また、プロジェクトの進め方といっても、プロジェクトマネジメント、開発プロセス、顧客とのコミュニケーション、チームビルディングなど様々な要素が必要になっており、各現場でどう取り組むべきか困惑している状況が続いています。
今回のセミナーでは、プロジェクトの進め方を開発チームの運営の手法と捉え、現場で必要な取り組みと、その取り組みをうまく実践する秘訣と事例紹介を行います。

【開催日】

2009年11月13日(金)

【時間】

14:20~(14:00~ 開場)

【場所】

株式会社永和システムマネジメント 東京支社 会議室
〒110-0005 東京都台東区上野2-7-7 上野HSビル8階
地図はこちら

【参加費】

無料(事前申込制)

【お申込み】

こちらから

【お問合せ先】

株式会社永和システムマネジメント
担当:羽根田
TEL:03-5818-7400

【セミナー内容】

14:20~ 趣旨説明
14:30~ プロジェクトを成功に導くチーム運営術
 永和システムマネジメント サービスプロバイディング事業部 西村直人
15:30~ 休憩
15:40~ 導入事例紹介
 永和システムマネジメント コンサルティングセンター 懸田剛
16:40~ 導入サービス紹介
 永和システムマネジメント コンサルティングセンター 羽根田洋
17:00~ 質疑応答
       質疑応答の後、簡単な情報交換会を準備しております。

※状況によって内容、時間が変更する事がございます。

メールマガジン(2009/09/16 創刊号)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                                   
        ESMコンサルティングセンター News           
                         2009/09/16 創刊号 
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

このメールは、株式会社永和システムマネジメント社員と名刺交換をさせて頂
いた方に送付しています。今後このようなメールが不要な方は、末尾の案内を
参考に解除依頼をお送りください。

◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◇
【創刊ご挨拶】みなさま、よろしくお願いします。
◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◇

このたび、株式会社永和システムマネジメント(ESM)コンサルティングセンター
では、皆様にお役立ていただきたい情報を発信するべく、メールマガジンを発
行します。
このメールマガジンでは、無料セミナーのご案内や、コンサルティング活動の
中で得た知見の紹介などを行っていきます。今後とも、ぜひご愛顧ください!

◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◇
【ご案内】プライベートセミナーを開催します。(9/28)
◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◇

私達は、これまでのコンサルティング・セミナーの経験を元に、
 ・皆様の仕事場で活用できるノウハウを提供すること
 ・皆様の現場で発生している課題をお聞かせ頂くこと
を目的として、プライベートセミナーを毎月開催しています。少人数制、参加
しやすさ、講師-受講者の相互コミュニケーションが特徴です。お気軽にご参
加下さい。

『「業務の設計・モデリング」でのJUDE活用方法』
日 時:2009年9月28日(月) 14:45~
場 所:株式会社永和システムマネジメント 東京支社(上野、御徒町)
参加費:無料

詳細情報およびお申込みはコチラ↓
https://sec.tky.esm.co.jp/2009/08/28/private_seminar/

◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◇
【ご案内】ITイノベーション様と共催セミナーを実施します。(10/7)
◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◇

「プロジェクトを成功に導く新たな視点~チームファシリテーション~」と題
し、ITイノベーション様と共催でのセミナーを開催します。
プロジェクトマネジメントを下支えする「日々の作業」の円滑化に向けチーム
ファシリテーションの概要を紹介します。

『実務者必見!!プロジェクトを成功に導く新たな視点
~チームファシリテーション~』
日 時:2009年10月7日(水) 14:30~
場 所:アットビジネスセンター(千駄ヶ谷)
参加費:無料

詳細情報はコチラ↓
https://sec.tky.esm.co.jp/2009/08/28/seminar_with_itinnovation/

◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◇
◆ ご意見・ご感想は、このメールに返信ください。
◆ 配信解除は件名「配信解除」にてこのメールに返信ください。
アドレス変更は件名「アドレス変更」、本文に配信希望メールアドレスを
記載の上、このメールに返信ください。
◆ 免責事項・個人情報保護方針はコチラを参照ください。
http://www.esm.co.jp/terms/index.html
◆ 発行:株式会社永和システムマネジメント コンサルティングセンター
〒110-0005 東京都台東区上野2丁目7番7号上野HSビル8F
http://www.esm.co.jp/
Copyright (c)2009 Eiwa System Management, Inc. All Rights Reserved.

3社合同セミナーを開催します

【「見える化」による次の一手
チームを動かし「揺らぐ」ソフト開発プロジェクトをゴールへ導く】

概要
「TOC/CCPM」「チームファシリテーション」を紹介しながら、誰が何のためにどのような情報を見なければならないのか、そして「見える化」の次の一手として何をしなければならないかを解説いたします。

【セミナータイトル】

「見える化」による次の一手
チームを動かし「揺らぐ」ソフト開発プロジェクトをゴールへ導く

【概要】

「TOC/CCPM」「チームファシリテーション」を紹介しながら、誰が何のためにどのような情報を見なければならないのか、そして「見える化」の次の一手として何をしなければならないかを解説いたします。

【開催日】

2009年11月12日(木)

【時間】

13時30分~17時00分

【場所】

株式会社ビーイング 東京オフィス セミナールーム
地図はこちら

【参加費】

無料(事前申込制)

【対象】

ソフト開発の責任者

【パンフレット】

パンフレットはこちら

【アジェンダ】

1. 「見える化」だけでは意味がない その次の一手とは?
2. プロジェクトのヤバさを見える化し、先手で対策を打つ!
  ~クリティカルチェーン・プロジェクトマネジメント~
3. 日々の作業を見える化し、チームを動かす
   「チームファシリテーション」
4. Being Management-CCPM2の紹介
5. まとめ

【お問合せ先】

sales@esm.co.jp
担当:羽根田

【主催】

株式会社永和システムマネジメント
株式会社ビーイング
ゴール・システム・コンサルティング株式会社

ITイノベーション様と共催セミナーを実施します

【実務者必見!!プロジェクトを成功に導く新たな視点~ チームファシリテーション ~】

多くのプロジェクトの現場に携わってきた能登原伸二と平鍋健児が、プロジェクトの失敗を防ぐための新たな視点について、互いに熱く語り合います。必見です!

セミナータイトル

実務者必見!!プロジェクトを成功に導く新たな視点~ チームファシリテーション ~

概要

多くのプロジェクトの現場に携わってきた能登原伸二と平鍋健児が、プロジェクトの失敗を防ぐための新たな視点について、互いに熱く語り合います。必見です!

開催日

2009年10月7日(水)

時間

14時30分~16時50分(受付:14時~)

場所

アットビジネスセンター 千駄ヶ谷
東京都渋谷区千駄ヶ谷4-20-3 東栄神宮外苑ビル7F

参加費

無料(事前申込制)

お問合せ先

こちら

プログラム

セッション1 14:30~15:30
【激論!! 能登原伸二×平鍋健児】
プロジェクトを成功に導く新たな視点 ~ チームファシリテーション ~
株式会社アイ・ティ・イノベーション
取締役 兼 常務執行役員
能登原 伸二
株式会社永和システムマネジメント
取締役 副社長
平鍋 健児

講演概要:
多くのプロジェクトの現場に携わってきた能登原伸二と平鍋健児が、プロジェクトの失敗を防ぐための新たな視点について、互いに熱く語り合います。

休憩 15:30~15:45

セッション2 15:45~16:05
「プロジェクトを動かす3つ目の視点」 ~ チームファシリテーションのご紹介 ~
株式会社永和システムマネジメント
技術顧問 加藤 立朗

ソフトウェア開発プロジェクトには、開発メンバーが「日々の作業」を効率よく行う「プロジェクトファ

シリテーション」の視点が欠けているため、プロジェクトが上手く回らないことが少なくありません。本講演では、この「プロジェクトファシリテーション」のエッセンスを体系化し、開発プロジェクトへの導入・定着支援するサービス、「チーム・ファシリテーション」を紹介いたします。

セッション3 16:05~16:50
プロジェクト成功のための真髄!!
株式会社アイ・ティ・イノベーション
取締役 兼 常務執行役員
能登原 伸二

25年以上様々なプロジェクトに携わってきた経験から、プロジェクト成功のための真髄についてご紹介します。プロジェクトマネジメントを何度やっても上手くいかない。チームファシリテーションをどのようにマネジメントに活用すべきなのか? 時間の許す限りご紹介いたします。

プライベートセミナー『「業務の設計・モデリング」でのJUDE活用方法』

【「業務の設計・モデリング」でのJUDE活用方法】

現行業務あるいは、あるべき姿の業務を捉えなければ、顧客が満足する情報システムを開発することはできません。この業務を捉えることを、業務設計と位置づけています。

この業務設計を行う役割として、「業務アーキテクト」を提案しています。業務アーキテクトは、この業務設計を行い、システム化範囲を決め、システム開発を顧客満足度を考えながら情報システムの開発を主導していきます。 業務設計とは、顧客の業務をモデル(フローチャート、UML、ER図等)として捉え、それを基に業務改善を行うことを指します。

本セミナーでは、業務設計を担う業務アーキテクトの必要性、役割、必要スキルを紹介し、その活動の中でのJUDEの活用方法をデモセッションを交えてご紹介致します。

【セミナータイトル】

「業務の設計・モデリング」でのJUDE活用方法

【概要】

現行業務あるいは、あるべき姿の業務を捉えなければ、顧客が満足する情報システムを開発することはできません。この業務を捉えることを、業務設計と位置づけています。

この業務設計を行う役割として、「業務アーキテクト」を提案しています。業務アーキテクトは、この業務設計を行い、システム化範囲を決め、システム開発を顧客満足度を考えながら情報システムの開発を主導していきます。 業務設計とは、顧客の業務をモデル(フローチャート、UML、ER図等)として捉え、それを基に業務改善を行うことを指します。

本セミナーでは、業務設計を担う業務アーキテクトの必要性、役割、必要スキルを紹介し、その活動の中でのJUDEの活用方法をデモセッションを交えてご紹介致します。

【開催日】

2009年9月28日(月)

【時間】

14:45~(14:30~ 開場)

【場所】

株式会社永和システムマネジメント 東京支社 会議室

〒110-0005 東京都台東区上野2-7-7 上野HS 8階

地図はこちら

【参加費】

無料(事前申込制)

【申込】

こちらから

【お問合せ先】

永和システムマネジメント コンサルティングセンター 担当:羽根田

TEL:03-5818-7400

【セミナー内容】

セッション(0) 14:45~15:00
ご挨拶・趣旨説明

セッション(1) 15:00~15:45
「業務アーキテクトの概要」
株式会社 永和システムマネジメント
コンサルティングセンター 加藤 立朗

セッション(2) 15:50~16:00
「チェンジビジョンからのお知らせ」
株式会社 チェンジビジョン
小阪 暢之

セッション(3) 16:00~17:00
「業務の設計・モデリングでのJUDE活用方法」
株式会社 永和システムマネジメント
コンサルティングセンター 天野 勝

セッション(4) 17:00~17:15
「質疑応答」
※状況によって質疑応答セッション内容、時間が変更する事がございます。