【セミナー】電器メーカー向け「単体テスト自動化と変更に強いモジュール設計」を実施(2011/8/23)

プログラムは一旦開発されると、その役割を終えるまでの間に、仕様変更などの理由により多くの修正が行われます。修正に際し、修正によってどこにどのような影響があるのか事前調査が行われ、修正後は正しく修正されているか、さらには修正によって既存のプログラムに悪影響が及んでいないかの検証が行われ、そのコストはプログラムの作り方および、テスト環境の整備状況によって大きな差となって現れます。
本セミナーでは、仕様変更に強いプログラムを実現するために、保守性を考慮したモジュール設計の考え方と、自動実行可能な単体テストケースの作り方を、演習を通して学習します。

実習環境は、C言語、cygwin、gcc、makeです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中