メールマガジン(2009/10/02 第2号)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                                   
        ESMコンサルティングセンター News           
                         2009/10/02  第2号 
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

このメールは、株式会社永和システムマネジメント社員と名刺交換をさせて頂
いた方に送付しています。今後このようなメールが不要な方は、末尾の案内を
参考に解除依頼をお送りください。

◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◇
【連載】現場発、カイゼンレポート[1]
◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◇

こんにちは。羽根田と申します。今回から「現場発、カイゼンレポート」と題
し、お客様が現場カイゼンできるよう、我々がどのようなことを行っているか
を、事例を交えご紹介する連載を始めます。

今回は初回ということもあり、我々が持っている「現場カイゼン導入メソッド」
の中身をご紹介します。

我々は、お客様の組織・チームにカイゼンを導入していくにあたって、まず、
準備フェーズで導入方針(目的、目標、戦略、手段)を作り上げます。「現場カ
イゼン導入メソッド」とは、その方針を策定する為の要素をまとめたものにな
ります。その要素は、以下の3点に集約されます。
(1)発案者
→推進部、トップダウン、ボトムアップ
(2)導入手段
→セミナー中心、フォローアップ中心、パイロットプロジェクト中心
(3)現場特性
→会社風土(共通の価値観)、事業特性、生立ち、等

これらを調べることで、導入先が変化(カイゼンの導入)に対してどのような反
応を示しやすいかを事前に想定することができ、その反応に対する方針を策定
するためのインプットとなります。
例えば、発案者の要素からは次のように読み取れます。現場カイゼンを導入す
る上で重要になるのは、導入先の動機付けになります。発案者が誰かによって
特徴があります。ボトムアップである場合は、実際に手を動かす人達は動機付
けされているため、うまく上層部の方の嬉しさとリンクさせる必要があります。
トップダウンの場合は、逆に上層部の方が嬉しさは理解しているため、その嬉
しさをいかに現場の人達の身近な嬉しさと繋げるかが必要になります。推進部
の場合は、第三視点から導入先の課題・嬉しさを見つけることができ、現実の
しがらみに捕らわれられずに推進することが可能です。

これ以外にも、導入手段、現場特性からも読み取れることはでき、次回以降に
でもご説明できればと思います。
現場カイゼンとは、お客様が主導となり、我々はその活動を推進するために、
戦略や手段を企画提案・実施していきます。各要素から炙り出された状況に対
して、我々は現場カイゼンを導入するためのお客様が現場改善を導入しやすい
ような道標を提供します。
次回からは、各要素の組み合わせに対してどのような方針を立案し、実施した
のかを事例を交えてご紹介していきます。

それでは、現場から羽根田がお届けしました。次回は、都内の現場から直接お
届けします。
「こういうことを聞きたい」というご要望がございましたら、sales@esm.co.jp
までフィードバックをお願いします。

◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◇
【ご案内】3社合同セミナーを開催します。(11/12)
◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◇

「チームを動かし「揺らぐ」ソフト開発プロジェクトをゴールへ導く」と題し
た、3社合同セミナーを開催します。
本セミナーでは、「TOC/CCPM」「チームファシリテーション」を紹介しながら、
誰が何のためにどのような情報を見なければならないのか、そして「見える化」
の次の一手として何をしなければならないかを解説します。

『「見える化」による次の一手
 チームを動かし「揺らぐ」ソフト開発プロジェクトをゴールへ導く』
日 時:2009年11月12日(木) 13:30~
場 所:株式会社ビーイング 東京オフィス セミナールーム(新宿)
参加費:無料

詳細情報およびお申込みはコチラ↓
https://sec.tky.esm.co.jp/2009/09/29/ccpm_pfseminar/

◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◇
◆ ご意見・ご感想は、このメールに返信ください。
◆ 配信解除は件名「配信解除」にてこのメールに返信ください。
アドレス変更は件名「アドレス変更」、本文に配信希望メールアドレスを
記載の上、このメールに返信ください。
◆ 免責事項・個人情報保護方針はコチラを参照ください。
http://www.esm.co.jp/terms/index.html
◆ 発行:株式会社永和システムマネジメント コンサルティングセンター
〒110-0005 東京都台東区上野2丁目7番7号上野HSビル8F
http://www.esm.co.jp/
Copyright (c)2009 Eiwa System Management, Inc. All Rights Reserved.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中