3社合同セミナー『「見える化」による次の一手~開発スコープコントロールとプロジェクトの進め方』 (5/19)

【「見える化」による次の一手
 ~開発スコープコントロールとプロジェクトの進め方】

プロジェクト実施時に計画と大きな乖離(遅延など)が出た場合、マネジメント上の対策を打つ必要があります。この対策としては、QCDをトレードオフすることになりますが、ソフトウェア開発においてはQCDの調整に時間かかり、有効な対策が打てないことが多くあります。

そこで、標準的なプロダクトプロセスであるウォーターフォールや繰り返し型開発を例に取り、それぞれのスコープのマネジメント方法をご紹介します。

2009年11月に開催した『チームを動かし「揺らぐ」ソフト開発プロジェクトをゴールへ導く~「見える化」による次の一手』では、ソフトウェア開発プロジェクトの問題を解決するために、各プレイヤーが何を見なければならないか、そして「見える化」の次の一手としてプロジェクトマネージャが何をしなければならないかをご紹介しました。
(セミナーレポート: https://sec.tky.esm.co.jp/2009/12/01/seminar_report1/ )

今回は、「見える化」による次の一手として、「スコープ」をコントロールして、プロジェクトを成功に導く方法をご紹介します。

【セミナータイトル】

「見える化」による次の一手
~開発スコープコントロールとプロジェクトの進め方

【概要】

プロジェクト実施時に計画と大きな乖離(遅延など)が出た場合、マネジメント上の対策を打つ必要があります。この対策としては、QCDをトレードオフすることになりますが、ソフトウェア開発においてはQCDの調整に時間かかり、有効な対策が打てないことが多くあります。

そこで、標準的なプロダクトプロセスであるウォーターフォールや繰り返し型開発を例に取り、それぞれのスコープのマネジメント方法をご紹介します。

2009年11月に開催した『チームを動かし「揺らぐ」ソフト開発プロジェクトをゴールへ導く~「見える化」による次の一手』では、ソフトウェア開発プロジェクトの問題を解決するために、各プレイヤーが何を見なければならないか、そして「見える化」の次の一手としてプロジェクトマネージャが何をしなければならないかをご紹介しました。
(セミナーレポート: https://sec.tky.esm.co.jp/2009/12/01/seminar_report1/ )

今回は、「見える化」による次の一手として、「スコープ」をコントロールして、プロジェクトを成功に導く方法をご紹介します。

【開催日】

2010年5月19日(水)

【時間】

13:15~17:30 (13:00~開場)

【場所】

株式会社ビーイング 新宿オフィス セミナールーム
〒160-0023 東京都新宿区西新宿8丁目14番24号 西新宿KFビル4階
地図はこちら

【参加費】

無料 (事前申込制)

【お申込み】

こちらから

【お問合せ先】

株式会社永和システムマネジメント
担当:羽根田
TEL:03-5818-7400

【プログラム】

● 13:15~13:45 セッション(1)
「ソフトウェア開発における開発スコープコントロールの考え方」
株式会社永和システムマネジメント コンサルティングセンター 加藤立朗

● 13:45~14:45 セッション(2)
「TOC/CCPMを活用したソフトウェア開発マネジメント(仮)」
ゴール・システム・コンサルティング株式会社 西原隆

● 15:00~16:00 セッション(3)
「ソフトウェア開発におけるスコープ定義(仮)」
株式会社永和システムマネジメント コンサルティングセンター 加藤立朗

● 16:00~17:00 セッション(4)
「ツールを活用したスコープコントロールの紹介」
使用する製品概要:

1.BeingManagement2
『BeingManagement2』は、TOC理論を応用したクリティカルチェーン・プロジェクト管理手法「CCPM」による不確実性の「見える化」からPDCAサイクル定着・組織の継続的改善までも支援するプロジェクトマネジメントソフトウェアです。
(BeingManagement2 プレスリリースページ)

2.astah*professional
『astah* professional 』はソフトウェア開発における分析や見積りに利用できるCRUD、開発支援のUML、データ設計のためのER図、業務の流れを可視化するフローチャート、データの流れを表現するデータフロー図(DFD)、発想支援のマインドマップの全てを一つのツールで描画・作成でき、図間の連携機能もサポートしている設計支援ツールです。
(astah*professional)

● 17:00~17:30 セッション(5)
「質疑応答」
質問や個別相談がある方はこの時間にどうぞ。

※状況によってセッション内容や時間が変更する事がございます。

【主催】

株式会社永和システムマネジメント
ゴール・システム・コンサルティング株式会社
株式会社ビーイング

【協力】

株式会社チェンジビジョン

“3社合同セミナー『「見える化」による次の一手~開発スコープコントロールとプロジェクトの進め方』 (5/19)” への 1 件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中